「子どもの便秘解消法〜小学生の便秘の原因と対策〜」

●トイレに行っても出ない

 

 

子どもが小学生になってから、朝食の後は毎朝トイレに行く時間を決めていました。
男の子なので、特に排便は家でしておいた方が勉強や遊びに集中出来ると思っていたんです。

 

でも最近トイレにこもっている時間が長く、挙句の果てには「出ない!」と言ってそのまま登校してしまいます。

本人が出ないと言っている以上、親はどうすることも出来ない訳ですが、続けて3日位そんな日が続くとさすがに心配になります。
便秘?まだ小学校1年生なのに?

 

食生活の面では野菜嫌いで苦労していますから、便秘になっても仕方がないのかもしれません。
親としての責任なのでしょうか・・・。
小学校に入る前はそれでも毎日快便だったんです。
急な子どもの便秘で、慌てて色々調べ始めました。

●子どもの便秘

この頃は小学生の便秘やその予備軍も増えているようです。
同じことで悩んでいる親御さんがいると思うと、私も頑張らなくてはという気持ちになりました。

 

子どもの便秘は食生活やストレス、運動不足などが原因です。
原因としては大人と同じですね。
また今までは便意があればそのままトイレで出すという行動が当たり前でしたが、学校などに通いだし、便意があっても我慢してしまう経験をしてしまうのです。
この経験が便を固くし、排便時に違和感が生じ、また我慢をするという悪循環になってしまうのです。

 

息子のように、入学したことで生活環境が変化した場合は便秘になりやすいんですね。
ストレスが掛かったのでしょう。
そもそも野菜をほとんど食べませんし、習い事はしていませんから下校後は家でテレビかゲームばかりです。
運動不足も間違いありませんから、便秘になるべくしてなったような気がします。

 

子どもの便秘解消法は

小学生ともなると、もう私に口答えはするし、意見もしてきます。便秘で苦しいにも関わらず、相変わらず家でゴロゴロされると
「そんなんじゃいつまでも治らないよ!」とつい喝を入れてしまうんですが全く効果はありません。

 

自分自身や身近な大人に対してだったら色々アドバイスをしたり、食事やサプリなど効果がありそうな物を調べて試すことも出来ますが、子どもは一筋縄ではいかないようです。
おせっかいは禁物のようで、精神的なストレスにならないような方法で秘解消に導く事が大切です。

 

便秘解消には肉よりも野菜や食物繊維を摂ることが大切です。
水分不足は便を固くしてしまうので、意識して水分を摂るようにします。
適度な運動と、ストレスの排除が理想ですが、子どもの場合は気分転換になる程度からでも良いのかもしれませんね。

 

私が出来る事はまずは食事だと思いました。
野菜はいつも見事に残されるのでチャーハンやハンバーグにかなり細かく切った物を混ぜ込みました。食べず嫌いの要素が強いので気付かれなければ完食してくれます。
運動面でもスイミングを幼稚園時代のお友達が始めたので、息子にも勧めてみました。一人ではなかなか通えないのですがお友達がいれば楽しい事になるようです。

常備茶を変えてみました

 

本人が嫌がらない程度に食事や運動は見直しましたが
これだけで大丈夫なんだろうかと不安でした。

水分補給が大切なことはわかっていたんですが、いつも冷蔵庫には季節問わず麦茶を入れています。ちょっと気分を変えて違うお茶にしたらいつもより飲んでくれるかもと思いお茶を変えてみることにしました。
ほうじ茶やウーロン茶はもう味がわかってるので、目新しいものにしようと探してみると、「美甘麗茶」という美容や健康に良いお茶をみつけました。
便秘にも効果が期待できるもので、口コミで甘い味とあったのが決め手です。
でも本当のところは、お茶を変えた位では急には良くならないだろうなと思っていました。
お値段がちょっと高めなのも迷いました。
まぁ何もしないよりはマシだろうと、甘いという味だけ確かめてみるつもりで購入しました。

 

ところがこのお茶にしてから、息子は今までよりもよく飲むようになりました。
味がよほど気に入ったんでしょう、ジュースよりさっぱりと飲めるお茶の魅力を知ったようです。
お茶を飲み始めて10日程で、トイレで楽に出来るようになりました。

 

スイミングも始めていましたので、お茶だけの効果かどうかはわかりませんが息子が水分をたくさん摂ってくれるようになった事は確かです。